低炭素投資促進機構

次世代自動車充電インフラ整備促進事業

次世代自動車充電インフラ整備促進事業

本事業の受付及び補助金のお支払いは終了いたしました。

1.概要・目的

電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHEV)に必要な充電インフラの整備を加速することにより、設備投資等を喚起するとともに、次世代自動車の更なる普及を促進し、日本経済の下支えを図る。
具体的には、充電器の購入費及び工事費について一部補助することにより、以下の整備を図る。
①目的地の途中で充電可能な「経路充電」の充実
 (ガソリンスタンド、道の駅、コンビニ等)
②目的地における「目的地充電」の充実
 (テーマパークやショッピングセンター等)
③「基礎充電」の整備加速
 (マンション駐車場や月極駐車場等)

2.目標

EV・PHVの普及を加速させるため、充電器について購入費及び工事費の一部補助を通じて、充電インフラを計画的・効率的に整備する。

3.基金額(国庫補助金等相当額)

平成24年度補正予算
1,005億円(1,005億円)
平成29年『補助金等の交付により造成した基金等に関する基準』等に基づく公表資料はこちら

4.基金事業を終了する時期(次回の見直し時期)

平成36年度(-)

5.スキーム

6.関連団体へのリンク

一般社団法人次世代自動車振興センターのホームページはこちら